プロフィール

andymama

Author:andymama
Female:鵠沼在住 編集者
セナ:人格者との異名を持つ永遠に12歳
アンディ:ゴールデンの皮を着たラブの異名を持つ9歳
ディロン:セナによく似た快楽主義犬5ヶ月

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物取扱業の適正化について~パブリックコメントが求められています~

IMGP0003_.jpg

環境省が「 現在、「動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号、以下「動物愛護管理法」という。)」の見直しを行っています。それにあたって、動物取扱業の適正化について、平成23年7月28日(木)から平成23年8月27日(土)まで、広く国民の皆様の御意見を募集いたします。」と、私たちに意見を求めている。5年に1度の改正と言われているいわゆる「動物愛護法」の改正を目前にして、これは大変貴重な機会。

「ペットショップにいるあの子犬、どうにかならないの?」
「殺処分、何とか減らないのかな?」
常に、犬飼いとして話題に上るこのテーマ。せっかくのこの機会を逃す手は無い。このパブリックコメント(国民の意見)という制度があること自体、なかなか知る機会が無いのが現状。ましてや、その声が反映されるチャンスなどそうそうあるものではない。
今回、環境省が大々的に「声」を募集していることを、遅ればせながら知ることが出来たので、このブログでも「拡散」を目的にリンクを貼っておくことにする。

maru.jpg
こんなに小さくて可愛い時期は限られたもの。レトリバーのような大型犬の場合は、成長すれば体重だって30キロ近くになる。子犬が可愛いからと言って、誰もが飼えるという錯覚を持ってはいけないのだ。

とても分りやすい糸井重里氏のサイト
犬と猫と人間のはなし
こちらのサイトには、「意見の書き方」が丁寧に説明されているので参考になる。
パブリックコメントについて
また、こちらのサイトには例文などが掲載されている。
5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ

shop.jpg
可愛いからといって、2ヶ月にも満たない子犬達がペットショップに並ぶ現実。これは、動物虐待に値しないのか意見を言える最大のチャンス。


締め切りまで期限が迫っているけれど、メールが送れるのならわずかな時間で済むはず。悪徳業者の反対意見が通らないよう、一人でも多くの良識ある飼い主のパブリックコメントが届くことを願ってやまない。

IMG_1505.jpg
犬達の幸せを奪う権利は、人間には無いはず。


スポンサーサイト

テーマ : ゴールデン・レトリーバーとの生活 - ジャンル : ペット

<< アンディの秘密基地 ~ドッグラン考察/その1~ | ホーム | 傍若無人と天真爛漫。 >>


コメント

動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見

家族3人で送りました。教えてくれてありがとう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。