プロフィール

andymama

Author:andymama
Female:鵠沼在住 編集者
セナ:人格者との異名を持つ永遠に12歳
アンディ:ゴールデンの皮を着たラブの異名を持つ9歳
ディロン:セナによく似た快楽主義犬5ヶ月

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好奇心。

8728.jpg
遠くに泳ぐ人を見つけて一目散に飛び込んだアンディ

ゴールデンレトリバーは、早ければ5歳で、遅くとも8歳には“置物”と化すと言われている。現に、セナがそうだった。アンディが来た5歳の時こそ、少し若返った顔を見せたが、8歳の時には立ち居振る舞い、性格共に風格のある優雅なゴールデンだった。
かたや、今年で9歳になろうかと言うアンディは、相変わらず好奇心旺盛だ。子犬の頃、木の葉はもちろん、ひらひら舞ったり、飛んだりするものがあれば、あっちへこっちへと飛びながら追いかけていた。それは5歳にもなれば落ち着くのだろうと楽観していた。ところが、最近のアンディを見ていると、落ち着くどころかエスカレートしているのでは、とさえ思えてくる。飼い主の指示を聞くよりも、セナの行動を見てそれを真似することで成長してきたアンディ。目標を失ったこの1年でアンディは、もしかしたら失っていた本来の自分の姿を取り戻そうとしているのかもしれない。
昨年の夏から、朝の海散歩を再開。一人になったアンディは、当たり前のように暑ければ海へ飛び込むと言う飼い主にとっては何ともはた迷惑な行動をとり始めた。セナがいる頃は、散歩と海遊びは別物と分別をつけるセナに同調してか、そんな行動をとることは無かったのだが。

8968.jpg
8970.jpg
瀕死で打ち上がっていたサメをみつけ興味津々

昨夏より、海は自分のテリトリーと勝手に決めたアンディは、事ある毎に海に突進して行く。ある時は、飛び跳ねる魚に狙いを定め、ある時は練習中のライフセーバーに向かって、またある時は沖のブイを目指してと、毎日新しい発見に楽しそうだ。

8928.jpg
これはダイナンウミヘビというらしい。
頼むからくわえるのだけはやめて…

「子供返り」よく人間の子供に見られる症状だが、最近のアンディを見ていると、この言葉が当てはまる気がしてならない。生まれて初めての「一人っ子」の生活を謳歌しているかの如く、8歳とは思えぬ好奇心で飼い主の度肝を抜いてくれることもしばしば。そんなアンディを見るにつけ、セナの偉大さを思い知らされまた、アンディの天真爛漫な可愛さを再発見できる愉しみが嬉しい。

8839.jpg
訓練中のライフセーバーを発見。「がんばって」と
声をかけそうな勢いで近寄って行った

8382.jpg
水族館のウミガメと対面。どうしても匂いを嗅ぎたいと
ガラスに鼻をこすりつけていた

アンディ若い!と思ったらポチッとね。
http://pet-blog.jp/sites/link_in/160

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ゴールデン・レトリーバーとの生活 - ジャンル : ペット

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。