プロフィール

andymama

Author:andymama
Female:鵠沼在住 編集者
セナ:人格者との異名を持つ永遠に12歳
アンディ:ゴールデンの皮を着たラブの異名を持つ9歳
ディロン:セナによく似た快楽主義犬5ヶ月

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンディの秘密基地 ~ドッグラン考察/その1~

IMG_0586.jpg
富士山に抱かれて、思いっきり走り回れる広大な芝生はまさにパラダイス

素晴らしい所があった。その名も「アンディの秘密基地」。勝手にそう命名したのだが、ここはいわゆるドッグランではない。富士山麓の森の中にある地図にも載っていない知る人ぞ知る場所。ドッグランの理想型ともいえる所だ。犬が楽しそうにしているのを見ているだけで幸せな気分になれる。しかも、飼い主も気持ちのいい場所とくればなおさらだ。

日本では「ドッグラン」という呼び方をされているが、海外では犬達のための公園という認識からか「ドッグパーク」「ドギーパーク」「K9パーク」などと呼ばれている。この「ドッグラン」という呼び方からして気に入らず、また飼い主として日本のそれのあり方にとても疑問を持っている。だから、滅多な事では有料のドッグランには行かない事にしていた。セナ&アンディの遊び場はもっぱら海と言う事にして、納得してもらっていた。

asigara.jpg
ドッグランにはアジリティ施設が設置されている事も多く、
アンディは大喜び


セナにしてもアンディにしても、「呼び戻し」「待て」などといった基本的な事項はほぼ100%に近いほどこなしてくれていたので、人目を忍んでリードを離してやる事もしばしばある。しかし、それが「法律違反」である事は事実。何かあれば、当然こちらが罰せられるのだ。その事を認識している飼い主がどれだけいるのかは知らないが、犬飼いから見ても非常識な飼い主が余りにも多い。リードを離し、そのあとは犬のご自由にとばかりに注意を払わない飼い主がどれだけいる事か。その結果、噛みつき事故が後を絶たない。ご多分に漏れずセナもアンディも、その犠牲者である。幸か不幸か、彼らは自分たちが襲われた事をきっかけとして、犬との接触を極力避ける方向へ転換してくれた。これが、逆のトラウマとなった場合は、犬を見たら先制攻撃をしかける犬になってしまうのだから、飼い主の責任の重さは計り知れない。

しかし、犬達を自由に思いっきり走り回らせたい、この思いは常に頭のどこかにある。そのため、有料のドッグランへ足を向ける事も年に数度はあった。なるべく、平日の誰もいなさそうな時を狙って。幸い、貸し切り状態の時が多く、犬達は大満足という結果が多かったが、良いドッグランほど人気が高く必然的に我が物顔の犬達も増えてくる。そうなってくると、悪い噂を耳にしたり、せっかくの芝生が荒れてきたりと、犬を遊ばせる場所にこだわる飼い主としては自然と足が遠のいてしまう。

himitukiti.jpg
兄弟犬、仲の良い友達犬とともに行った秘密基地。
よく知った仲なので、アンディものびのびできる


日本人の犬に対する意識が起因しているのだろうが、とにかく「犬を遊ばせる」事を勘違いしている飼い主が多い。多くのドッグランでは、リードを離された犬はここぞとばかりに狂ったように自分勝手な行動をとり、飼い主はと言えば人間同士の井戸端会議に花を咲かせている。
そんな光景を目にするたびに、「冗談じゃない」と思う。「ドッグラン」は犬のリードを離し勝手にさせていい所ではない。飼い主とともに遊ぶ事が大前提で、犬の社会化教育のための良い訓練場所でもあるのだ。
それを何を勘違いしているのか、モラルやルールなどを無視するどころか「自分がルール」とばかりに蘊蓄を垂れる飼い主まで現れる始末。これでは、こちらとしても面白くない。
海外の多くの「ドッグパーク」は、公設で市や町などといった自治体が管理している。それは、もちろん飼い主のモラルの高さを信頼してこそのものである。悲しい哉、日本では、飼い主のモラルも低く、また自治体にそのような認識を持つ所が少ないため、ほとんどが私営つまり有料の犬のための施設なのである。

*IMG_4762
sena dogrun
セナが元気な頃、たまにやはり富士山麓のドッグランに遊びに連れて行った。秘密基地に比べると、整備されていないが、自分の自由に行動できるためかセナはご機嫌だった

有料の施設であれば、当然の事ながら「金を払っているんだから」という認識の輩も出てくる。自分の犬が全くと言って良いほど社会化できていないのにも関わらず、犬を離しトラブルを起こす。犬ばかりではなく、飼い主も社会化できていないのではと思える時すらある。最近では、市民運動の一環として「ドッグラン」を作る動きも出てきているが、飼い主のモラルを管理できるのか疑問だ。<つづく>
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。