プロフィール

andymama

Author:andymama
Female:鵠沼在住 編集者
セナ:人格者との異名を持つ永遠に12歳
アンディ:ゴールデンの皮を着たラブの異名を持つ9歳
ディロン:セナによく似た快楽主義犬5ヶ月

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乾坤一擲

セナ6ヶ月 
セナ6ヶ月の頃

その仔を見た時、「ずいぶん大きなミニチュアダックスだな」と思った。小型犬用のサークルに子犬特有の「つまらない」という目をして、ガラス越しにこちらを向いていた一頭の犬。「犬種は?」と思いボードに目をやると「ゴールデンレトリバー メス 4月20日生まれ」とある。もうすぐ6ヶ月齢になろうかというのに、あばら骨が数えられるほどに痩せている。救われたのは、その割に元気に見えたことだろうか。狭いサークルの中で、飛び跳ねたり、座ったりと忙しく動いている。しかし、顔は可愛いが表情は乏しい。「この仔は人の優しさを知っているのだろうか、人の手の温もりを感じたことがあるのだろうか」6ヶ月と言えば、成長期の真っ盛り。真綿のようにあらゆることを吸収する時期だ。それに伴い表情も子犬の顔からオトナの顔へとだんだんと豊かになってくる大切な時期でもある。特に、ゴールデンはこの時期に人との触れあいを必要としている。

アンディ 
アンディ6ヶ月の頃

セナもアンディも、単なる可愛いだけではなく様々な表情を見せ、成長を確信できた時期だった。それに比べ、ここにいる仔は…。それよりも、この仔のこの先の運命はどうなるのであろうか。そんな疑問が頭に浮かんでは消えた。ペットショップで6ヶ月を過ごし、行き先の決まらなかった犬の運命。先日、テレビでそんな特集が組まれていたことを思い出した。この犬を出したブリーダーはそんなことまで視野に入れているのだろうか。素朴な疑問だった。命を「商売」にしている人間がいる現実。そして小さければ可愛いと感じる日本人。何もかもが狂っている。行き先が決まらないのなら、と心が動いた。しかし、この夏セナが2度も倒れていることを考えると、これ以上のストレスはセナの生命に関わる。果たして行き先は決まるのだろうかと千々に心が乱れる。先週いなかった仔が、今ここにいるということ。それは、ここが最終地点であることを示しているとも言える。みすみす、目の前の仔を見離さなければならないのか。結論はまだ出ない。奇しくも、その子犬が6ヶ月を迎える10月20日は、セナ12歳の誕生日である。

「乾坤一擲」まさに彼の人生はそうだったに違いない。夢と希望に溢れていた10年前、誰が今日のこの日を想像しただろうか。「こんなに大人しいセナって、飼い主が怖いから怯えているんじゃない?」そんな軽口を叩いた彼に送る言葉はまだ見つからない。
昭ちゃんセナ1

素晴らしかった中秋の名月も今日は哀しい。IMG_2175.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

<< FLOWER THERAPY | ホーム | Sunshine & Shadow >>


コメント

そうなんです。

僕もF…に行くと、気になっていました。急に6ヶ月の子犬が出てくるなんて、それ以前は他のところで売れ残ってしまったのでしょうか?
一番可愛い時を逃してしまって、それも人の愛情が一番大切な時期に…。大型犬を飼ってくれる人は少ないだろうしね。
彼女の運命を考えると暗澹としたキモチになります。
命を売り買いするというのは、いかがなものか?

dairokuさま

そうなんです。ネットで調べたところ、つい先日までは違う所(すぐ近くですが)にいたんです。ブームで犬を飼う国ですから、6ヶ月にもなった決して子犬とは言えない大きさの犬を飼う人はいるのか?不安です。法律が変わらない限り、この状態は続くのでしょうね。哀しいことです。

ゴンも華もそんな仔だった
確かにゴンのワクチン記録は川崎、華は群馬
産まれは愛知と沖縄

出逢うまでどんな経緯があって、どんな幼少期過ごしたかも判りません

ゴンに出逢うまで犬を飼う意識すら無かったのに、そんな仔の存在やその後の運命を知りその場で引き取りました
華も同じ

ゴンパパさま

ゴンパパは、私たち普通の犬飼いから見て、尊敬に値する方です。ホント、エラい。最近ではゴンとパパ、最高のコンビ、まさに相棒!って感じ。最初は、あやし~おやぢ!と思ったけど。さらに、華ちゃんを見ている目は優しいのよね!人って見かけで判断してはいけないってことを教えてくれてありがとう!?

怪しいおやぢ

私はあやし~おやぢのファンです♪
ゴンちゃんも華ちゃんも幸せですね。
華ちゃんを迎えるときのパパの言い分が素晴らしい。
「オレは、こういう柄の子がほしかったんだ!」
ゴンパパには「男の愛情」の本質がある!

セナママ、今はセナ&アンディのことに専念しましょう。
老犬と仔犬では、老犬に負担がかかりすぎます。
セナの豊かな老後の時間を大切にしてあげるのがベストですよね。
そのゴルちゃんが幸せのご縁に導かれることを祈りましょう。
でも、ものすごく哀しいね。

怪しくないですから

れっきとした会社員!
社保有り、労災有り、労働組合あり、賞与無し

バリカン頭やめてイメチェン中!!

イメチェン!?

ス・ス・スキンヘッドとか?

だから!
イメージアップじゃないのイメージチェンジ!
YesWeCan!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。