プロフィール

andymama

Author:andymama
Female:鵠沼在住 編集者
セナ:人格者との異名を持つ永遠に12歳
アンディ:ゴールデンの皮を着たラブの異名を持つ9歳
ディロン:セナによく似た快楽主義犬5ヶ月

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉山日和

逆光

およぎ

葉山の海が好きだ。夏の喧噪が過ぎ去ったこの時期、ビーチには人が少なく静かで、海面は穏やか。正面には、江ノ島と富士山を眺め、背後には紅葉の山が陽光に金色に輝く。日常お散歩の鵠沼は、1年中賑やかで、海には波があってもなくても黒点の如くサーファーが浮かび、のんびりという気分にはほど遠い。

ボール

犬達も、車が葉山に向かうと分かるとテンションが上がる。飼い主共々、ウインドサーフィンのゲレンデは逗子。その逗子を通り過ぎると、幾分がっかりした顔をするのだが、そこが葉山の町中だと分かると、再度ヒートアップ。空気、山の匂い、潮の香り、人にもその違いが分かるのだから、犬にはなおさらなのだろう。

  あなほり
ごろごろ
穴掘り、ゴロゴロ、ブルブルとアンディは
日頃のストレス発散に余念がない。
ぶるぶる 1

連休・ピーカンだというのに、ここの海にはいつもと同じようにたおやかな時間が流れていた。アンディのハイテンションをよそに、セナはのんびりと横になる。少し前までは、アンディと代わらぬテンションで階段を駆け下り、海にダイブしていたのだが、最近ではこの階段がネックなようで、ご覧の通りの困った顔。
セナ階段

IMG_2755.jpg
挙げ句の果てには、海に背を向けてしまった。さすがのセナも、
寄る年波にはお手上げと言ったところなのだろうか。

金色

まるで今日の日を噛み締めるかのように、帰りの車から思いっきり顔を出し、自身を金色に染めながら夕日を観賞していたアンディ。行きのそれとはうってかわった穏やかな表情が、アンディの年齢を再認識させてくれる。

ゆうやけ

そんなアンディが見ていたのは、確実に冬が近づいていると感じさせる夕陽だった。
スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

<< 天衣無縫な7歳 | ホーム | HAPPY BIRTHDAY SENA 12th Anniversary >>


コメント

葉山はダメよ

幼稚園の頃、お友だちの○の宮君から御用邸に誘われた時溺れた
小学生の時、長者ヶ崎でヨタ波喰らって釣り道具とお母さんがこさえてくれたおむすび流されて泣いた
免許取った頃、葉山署にご招待された

アンディ♪

アンディ、すごく楽しそう!
いつものアンディとは違った一面ですね!
とってもかわいいです。
セナ、階段が…。
急な階段だと難しくなりますね。
でも、大好きな葉山の海を見て、
きっとゴキゲンだったことでしょうね♪

葉山にはよい思い出がないゴンパ○さまの
コメントには、いつもながら笑いました!
大爆笑!!

デキママさま&ゴンパパさま

だよね~。ゴンパパさま、まさかまさかのご○友だって?葉山の海は、セナ&アンディにガードしてもらうと良いかも…。免許は無理だけどね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。