プロフィール

andymama

Author:andymama
Female:鵠沼在住 編集者
セナ:人格者との異名を持つ永遠に12歳
アンディ:ゴールデンの皮を着たラブの異名を持つ9歳
ディロン:セナによく似た快楽主義犬5ヶ月

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの頃のままに

IMG_3086.jpg

パピーは天使だ。パピーの瞳は澄んでいて透明感がある。「純粋」という言葉がぴったりのその瞳は、天使そのもの。人間でも何でも生まれたての動物の瞳は汚れを知らない。成長するにつれ「世間」という名のさまざまな社会を見ることとなる。見たくないものを見てしまうから、瞳がどんどん曇ってくるのだと聞いたことがある。

IMG_3127.jpgIMG_3093.jpg

黒ラブの父とイエローラブの母の間に生まれたこの仔は、マルちゃんと名付けられている。犬の飼い主として尊敬する友人のところにやってきた。ゴールデンと違い、ラブにはいろいろなカラーが生まれる。黒、チョコ、イエローなど子犬の色は生まれてくるまで分からない。このマルちゃんは、ボディは白く肉球が真っ黒。黒ラブの血が入っているからだそうだ。イエロー同士だと肉球も白いとか。同じレトリバーといっても、ラブとゴールデンは全く違う犬種だと改めて教えられた。

IMG_3117.jpg

「いたいけな」「無垢」といった形容詞がぴったりのレトリバーのパピー。その様はまるで動くぬいぐるみそのもの。動くだけでも可愛い。しかし、この可愛い瞬間はあっという間に終わってしまう。その後に待っているのは、ある種の戦いだ。このことを知らずに、可愛いだけでレトリバーを求め、半年も経つと「話が違う」とばかりに放棄する飼い主が多いと聞く。最近の人間の我が儘さ加減には辟易する。「自分の飼い犬の子犬を見たい」というだけで、自家繁殖したり、まるでアクセサリーのように夜中までショーケースに入れて販売したり。犬との生活は、一人の人間の子供を育てるのと同じかそれ以上に体力と精神力がいるということを知らないのだろうか。

IMG_3084.jpg

レトリバーは長くて15年程度しか生活をともに出来ない。どんなに年を重ねてもパピーの頃のままの「純粋」さを失わない犬でいて欲しい。そう思えば、飼い方のスタイルも違ってくるはずだ。あの頃の「あの瞳」「あの仕草」、その可愛さを絶対に忘れられないからこそ大事に育てていくものだと思う。そう育った犬達は、老犬になっても純粋でいられるのだと思う。

IMG_3198.jpg
IMG_3113.jpg

マルちゃんとは対局にいるセナ。12歳になってからはいつでもどこでも寝てばかりだけれど、パピーの時と同じようにぬいぐるみをおしゃぶり代わりにしたり、寝心地が良い上に人の匂いがするところを選んで幸せそうな表情を浮かべてくれる。人用のソファになど寝たことがなかったセナが、先日初めてソファに上がって寝ていた。階段すら嫌がる今日この頃、よほどヒト恋しかったのだろう。そう言えば「あの頃」セナは常に誰かの膝の上に抱かれていた。



スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

<< 風物詩~Winter Season | ホーム | 紅葉の錦と黄金の犬 >>


コメント

天使の後は…

悪魔の時代がやって来ます。でも、可愛い。
見ているだけで微笑ましい。彼らは、芯から人間が大好きなんです。
うちの子は、最後まで子供のままでした。

このラブの子は、ホントに可愛いですね。

dairokuさま

なかなかの美人さんでしょ?母犬は、北海道などで狩猟で活躍しているそうです。ラブのパピーを見たのは初めてなので、ゴールデンとは違う可愛さに惹かれてしまいました。この仔がどんな悪魔になるのか楽しみです。

かわいい!

パピーって、本当にかわいいですね~。
バディのパピー時代は、重くて大変だった(爆)。
ダッコができないってのも、ちょっと寂しいね。
今は悪魔真っ最中でぇ~す!
今日も私の手にじゃれて甘がみしたので、シメておきました。
時々、私にセナママが乗り移ってます(爆)。

セナもアンディもピュアな心ですね♪
セナママの瞳、結構、キラキラ透明ですよね☆
だから魅せられちゃうのよね~、アタシ。
セナママもレトだった?
悪魔のようで、かなり瞳キレイ(爆)。
いつまでもパピーのようなセナママ、だったりして♪
そこが魅力☆
なんてこと言っていると、次回の散歩でシメられそう!?
いやいや、セナママ・ファンなら、きっとわかると思いまーす♪


いえいえ私は

レトではなく、天空に放たれた矢の如く行ったきり戻ってこない、イノシシでございます。レトのように従順になれる日は来るのだろうか?

い~や

セナママは、雰囲気からしてフラッティーでしょう♪
天空に放たれた矢は青梅の方角へ。
うーん、猪鍋にされたか!?
それとも七沢温泉あたりに落ちたか?
この頃、お散歩もすれ違いで会えないですね。
猪鍋にされちゃったかと心配してます。

しかし~。

セナママ、結構、従順な感じ、ありますけど。

何回見ても…

可愛い。
一番下の横目で見ている写真なんてホントに可愛いですが、こういう目をしている時には、97%くらいはイタズラのことを考えています。
どうすれば飼い主の気をひけるかな?なんて、ね。

dairokuさま

このお嬢さん、かなりのしたたか者です。3ヶ月齢になったばかりだというのに、すでに小悪魔化になりつつあるようです。この歳でも、頭の良さが分かるぐらいの賢さなんですよ。

賢いというのは…

イタズラに出るか、聞き分けに出るか?
それが、問題なのですよね。

dairokuさま

そうですよね。セナ&アンディは全くいたずらをしてくれなかったので、マルちゃんの話を聞くと、羨ましくなってしまいます。買い物から帰ってきたら、絶対届かないはずのコードレス電話が床に落ちていたとか、ハウスしたはずなのに朝起きたら隣で寝ていたなど、たった1ヶ月なのに楽しそうなエピソードが沢山。ラブは楽しそうですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。