プロフィール

andymama

Author:andymama
Female:鵠沼在住 編集者
セナ:人格者との異名を持つ永遠に12歳
アンディ:ゴールデンの皮を着たラブの異名を持つ9歳
ディロン:セナによく似た快楽主義犬5ヶ月

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南風と潮騒とスラッキーギター。

IMG_2685.jpg

セナの好きな物3つ。久しぶりに青空が広がる庭にセナを連れ出し、日がな一日仕事を忘れ、セナとうつつを抜かす。そんな時、どこか気怠げで甘美なOZZIE KOTANIのスラッキギターの音色が心休ませてくれる。南風にのって聞こえてくる潮騒がハーモニーに加わり、心地よいまどろみに誘われる。いつもは殺風景な庭に、テーブルを出しパラソルを立ててみた。それだけで、まるで昼下がりのアラモアナビーチパークにいるような気分になる。こんな贅沢な時間を過ごすのは久しぶりだ。またしても、低気圧の襲来でセナの心臓が悲鳴を上げていた。ここのところ、寝苦しそうに荒い息づかいを立てていたセナも、この時ばかりは、気持ち良さそうにすやすやと寝息を立てている。

IMG_4126.jpg

セナはいろいろな物を与えてくれ、そして気づかせてくれる。こんな贅沢な時間を過ごせるのもセナのお陰だ。
アンディが「動」ならセナは「静」。積極的に自己主張をするアンディとは対局にいるセナ。しかし、セナの感情はきめ細やかだ。だから、いつもセナの瞳は何かを語っている。「水が飲みたい」「ごはんが食べたい」に始まり、「雨がかかるから傘さして」といった細かいことまで瞳で語る。

IMG_4177.jpg 
体調がかなり回復したこの日、
お散歩に行きたそうに日がな一日、
庭を眺めていたセナ。


だから、この数日貧血がひどく寝てばかりのセナが「何を訴えたいのか」解らず困り抜いていた。たまに、目を開けても力なく光りが無いその瞳に、何を語りかければ良いのか。アンディも心配そうに寄り添う。
あんせな
IMG_4064.jpg
IMG_4174.jpg

しかし、春の陽気とともにセナはまた元気を取り戻して来た。考えてみれば、12歳と言えば立派な「お年寄り」。ついついアンディに引っ張られ、今まで通りに事を運ぼうとしていたことは否めない。大好きな南風に吹かれながら縁側でひなたぼっこ、そんな毎日がこれからのセナには必要なのだろう。

IMG_4164.jpg
IMG_4133.jpg









スポンサーサイト

テーマ : ゴールデン・レトリーバーとの生活 - ジャンル : ペット

<< セナに乾杯。 | ホーム | やさしい手 >>


コメント

今年の冬は…

寒暖の差が激しかったので、老犬には酷な冬でしたね。
でも、セナが無事に乗り切ったようなので安心しました。
春になると日向ぼっこが、一番ですもんね。ウェンディも最後の数年は日向ぼっこを気持ちよさそうにしていました。
セナの一番下の写真のような気持ちよさげな表情と同じ顔をして…。
それにしても、アンディの優しさったら、ないですね。写真を見ていて、涙が出そうになりました。

dairokuさま

アンディは、飼い主よりセナ命なので心配でたまらないようでした。今年に入って2回も生死の境をさまよってしまったセナですが、なんとか頑張って欲しいと願うばかりです。そういえば、dairokuさんのブログに、何度かコメントをつけたのですが、送信できていないようです。なぜでしょうか?

優しさにあふれて

セナ、気持ち良さそうにひなたぼっこ。
そうですね、どうしてもアンディのペースで動きがちですね。
ゆっくりとセナ・タイムは、いいことですね。

アンディの優しさが伝わってきました。
セナの暖かさが伝わってきました。
セナ家、幸せ色に染まっていますね。
素敵なファミリーですね。

デキバディママさま

照れるようなコメ書かないで~~~。写真だけですって。アンディのペースで動きがちと言っても、アンディだってもう7歳。本当はのんびりしていて良い歳なんだけどねぇ~。1歳のピチピチバディと一緒だよね(爆)。調子がいい日には、セナをまた海に連れて行くつもりです。その時は、よろしくね~。(本人は既に行く気満々で困っているんだけど)セナ・タイム実施中です。

静かな時間

デキを我が家に迎えてから、とても静かな時間が流れていたな~。
ルナも家ではいないに等しいくらい静かだったけど、物音に反応して警戒するからね。
デキとの時間は、本当に心豊かになって、家族が幸せを感じていたんだ。
もちろん、バディが来て破壊されたけど(爆)。
だからセナとの優しい時間がとても暖かで、素敵な時間が流れているのをわかるんだよ~。
老犬フェチな私は特にその時間が愛おしく感じる。
満喫してね♪
セナ家、素敵ですよv-238

それが…

最近のセナは、一人の時間を謳歌しているようで、今日も晩ご飯の後一人で縁側でのんびり。昼間も庭で一人でのんびり。あんなに分離不安だったのに。やっとオトナになったのかしらん。ちょっと寂しいかも…

あら・・・

デキも一人の時間を謳歌していますよ。いつもハウスで寝ているし。
高齢になって自分のことで手一杯なのかなとも思う。
もうのんびり過ごしてもいいだろうって思っているのかも。
デキも分離不安だったけど、いつしかひとりで留守番できる様になり、出迎えにも出てこないこともある(玄関が目の前なのにね)。
セナも一人の時間がいいのかな?
だんだん超マイペースになるのかもしれないね。
寂しいけど、安心していられるからこそなのかも...
老齢期は周りに気を遣うこともなく、のんびりゆったりマイペース。
それが老犬のペースだろうし(参考例は姑89歳です)、気疲れするのかもしれないし。
どんなでも、それが長生きの秘訣なら飼い主無視してでもするべし!
セナ~、自分のことだけ考えればいいんだよ~~~(笑)。

今日のセナはどうですか?

人間は痛い時に痛い、苦しいって訴えますが
動物は痛かったり苦しい時
ずぅっと我慢しているのでしょうか?

アンディがセナに寄り添う姿が
温かくも切なくも感じてしまいます。
セナ、長生きしてね。

なっちゃんママさま

ゴールデンは、比較的痛みに強いと言われています。人間に比べ、痛点が少ないんですね。だから、痛いとか苦しいとかってあんまり感じないようです。この間までのセナは、いわゆる「かったり~」という状態なんだそうです。だるくて動きたくない、というのが分りやすいかな。でも、最近は薬(ヤクとも言います)のおかげで、少しずつ元気を取り戻しつつあります。海であったら、いい子いい子してあげて下さいね~~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。