プロフィール

andymama

Author:andymama
Female:鵠沼在住 編集者
セナ:人格者との異名を持つ永遠に12歳
アンディ:ゴールデンの皮を着たラブの異名を持つ9歳
ディロン:セナによく似た快楽主義犬5ヶ月

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8歳になった若大将

IMG_7010.jpg

11月9日、アンディ8歳の誕生日。
今年は兄弟犬達と富士山の麓のドッグランへ。
この日集まったのは、アンディの同胎犬ロビン、ルイ、もなかそして母犬のあずき、加えてプチバセのティンクと総勢6頭。
1200坪はあろうかという広いドッグランを所狭しと駆け回る姿は、とても8歳とは思えない。

IMG_7020.jpg
左:アンディ 右:ロビン

セナは8歳の時はどんな感じだっただろうと、アルバムを紐解いてみると、アンディに比べ顔こそ白いが走る姿にエネルギーが溢れている。5年前のセナは、最高に輝いていた。

sena8.jpg

昨年の誕生日には、山中湖畔に紅葉を見がてら隠れ家的な
ドッグランに行ったことが走馬灯のように甦る。
あの時、アンディはセナにベッタリだった。
セナが枯れ枝をかじれば、アンディも枯れ枝。
セナが枯れ葉に顔を埋めれば、アンディは横でゴロゴロ。
唯一、アジリティだけは一人で楽しんだ。

kyonenn

いつでもどこでも、セナの横にアンディはいた。
この半年、たまに淋しそうな表情を覗かせていたアンディだったが、久しぶりの兄弟犬たちとの再会で、思う存分走り回った。

ケーキ
オーダーしたバースデーケーキは、
犬のカタチというより馬のカタチ?


常にセナと行動をともにしていたアンディにとって、セナの同胎犬であり、母犬でもあるあずきの存在は特別なのだろう。他の兄弟犬よりもしつこく、あずきの後を追いまわしてばかりだ。
そんなアンディを見ていて、胸の奥がチクッとした。

IMG_7035.jpg
IMG_7049.jpg

それにしても、解き放たれたアンディは、未だに3~4歳で時が止まっているように感じる。
つい先日も、4歳と間違われたほどだ。
その俊敏な動きと言い、あどけない表情と言い、少しも経年変化を感じさせない所がアンディの持ち味。

IMG_6448.jpg

この若さがいつまでも続くことを願って、
HAPPY BIRTHDAY ANDY!


☆スポンサーリンク☆
甘噛み、呼び戻しで困っていませんか?



犬のしつけ本がパソコンで今すぐ見れる4-4

スポンサーサイト

テーマ : ゴールデン・レトリーバーとの生活 - ジャンル : ペット

<< カレンダー製作。 | ホーム | セナのいない10月20日  >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。