プロフィール

andymama

Author:andymama
Female:鵠沼在住 編集者
セナ:人格者との異名を持つ永遠に12歳
アンディ:ゴールデンの皮を着たラブの異名を持つ9歳
ディロン:セナによく似た快楽主義犬5ヶ月

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好奇心。

8728.jpg
遠くに泳ぐ人を見つけて一目散に飛び込んだアンディ

ゴールデンレトリバーは、早ければ5歳で、遅くとも8歳には“置物”と化すと言われている。現に、セナがそうだった。アンディが来た5歳の時こそ、少し若返った顔を見せたが、8歳の時には立ち居振る舞い、性格共に風格のある優雅なゴールデンだった。
かたや、今年で9歳になろうかと言うアンディは、相変わらず好奇心旺盛だ。子犬の頃、木の葉はもちろん、ひらひら舞ったり、飛んだりするものがあれば、あっちへこっちへと飛びながら追いかけていた。それは5歳にもなれば落ち着くのだろうと楽観していた。ところが、最近のアンディを見ていると、落ち着くどころかエスカレートしているのでは、とさえ思えてくる。飼い主の指示を聞くよりも、セナの行動を見てそれを真似することで成長してきたアンディ。目標を失ったこの1年でアンディは、もしかしたら失っていた本来の自分の姿を取り戻そうとしているのかもしれない。
昨年の夏から、朝の海散歩を再開。一人になったアンディは、当たり前のように暑ければ海へ飛び込むと言う飼い主にとっては何ともはた迷惑な行動をとり始めた。セナがいる頃は、散歩と海遊びは別物と分別をつけるセナに同調してか、そんな行動をとることは無かったのだが。

8968.jpg
8970.jpg
瀕死で打ち上がっていたサメをみつけ興味津々

昨夏より、海は自分のテリトリーと勝手に決めたアンディは、事ある毎に海に突進して行く。ある時は、飛び跳ねる魚に狙いを定め、ある時は練習中のライフセーバーに向かって、またある時は沖のブイを目指してと、毎日新しい発見に楽しそうだ。

8928.jpg
これはダイナンウミヘビというらしい。
頼むからくわえるのだけはやめて…

「子供返り」よく人間の子供に見られる症状だが、最近のアンディを見ていると、この言葉が当てはまる気がしてならない。生まれて初めての「一人っ子」の生活を謳歌しているかの如く、8歳とは思えぬ好奇心で飼い主の度肝を抜いてくれることもしばしば。そんなアンディを見るにつけ、セナの偉大さを思い知らされまた、アンディの天真爛漫な可愛さを再発見できる愉しみが嬉しい。

8839.jpg
訓練中のライフセーバーを発見。「がんばって」と
声をかけそうな勢いで近寄って行った

8382.jpg
水族館のウミガメと対面。どうしても匂いを嗅ぎたいと
ガラスに鼻をこすりつけていた

アンディ若い!と思ったらポチッとね。
http://pet-blog.jp/sites/link_in/160

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

テーマ : ゴールデン・レトリーバーとの生活 - ジャンル : ペット

医食同源

IMG_8421.jpg

最近,出逢う人ごとに「アンディの目がキラキラしている」と言われる。確かに飼い主の目から見ても、8歳とは思えぬ瞳の輝き、そして被毛の艶が美しい。心なしか、行動も若返ったように感じる。

思い切って、アンディの食生活を変えてみたことが、功を奏しているのかもしれない。本当であれば,セナに食べさせたかったメニュー構成なのだが、セナの年齢を考えて躊躇してしまっていた。今になって思えば,あのときこの食生活に変えていれば,セナはまた元気を取り戻せたかもしれない。そんな後悔の念が頭をよぎる。

フード
この日のメニューは、馬肉のあらゆる部位をミンチにしたもの、ドライフード、鰹の刺身、トマトの水煮、レタス。
お店での試食が楽しみなアンディ。この日は、馬の筋をもらって大喜び。
食後の歯磨きは馬アキレス。


少し前から、生食ブームとなっていたが、なかなかコストパフォーマンスに優れるフードに出会えずにいた。セナの具合が悪くなり、生食についていろいろ調べ始めたとき、兄弟犬ラルフのママから聞いていた馬肉の生食。その時は、なかなかショップに出向くことが出来ず、結局セナに食べさせることは出来なかった。しかし、ドライフードに頼る食生活もいかがなものかと考え、ショップに出向き説明を受けた。アンディに少しだけ白内障の兆しが出始めたこと、毛艶が今ひとつ良くないことなどなど。
驚いたことに、勧められるままに組み合わせた馬肉などの食餌によって、白内障はほぼ完治。3ヶ月もすると、毛ぶき、毛艶ともに3歳は若返って見えるほどに変化を見せた。瞳の輝きも、満たされた食生活=犬に必要な栄養素のお陰だと考えられる。あまりの変貌ぶりに、飼い主としても嬉しい限りだ。

IMG_8342.jpg

飼い主の意向に委ねられる犬の食生活だが、知識の乏しいまま、情報に振り回されることはひいては犬の健康を害することになりかねない。オーガニック、プレミアムなどとドッグフードメーカーの美辞麗句に踊らされがちだが、本当に犬にとって必要なもの、犬が喜ぶものは、人間の食生活を基準に計ることは出来ないということを思い知らされた。
脂肪を落とし、筋肉をつける食生活。それは、股関節形成不全までをも克服すると言うから驚きだ。決して太っている方ではなかったアンディだが、食生活を変えてから2キロの体重減。同世代のゴールデンと比べるとその差は歴然だ。アンディが目指すのは、世界最高齢のゴールデン。20歳までは頑張ってもらいたい。

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

テーマ : ゴールデン・レトリーバーとの生活 - ジャンル : ペット

笑って、笑って、笑顔で。

2638.jpg

笑っている犬達は、幸せを運んできてくれる。
悲しみに溢れた心に、ひとときの安らぎをもたらしてくれる。

だから、せめて今は笑っている犬達の写真を見て、
少しでも癒されて。

warau.jpg

warau1.jpg

warau3.jpg

南相馬に、やっと獣医師たちの手が届いたと言う。
置き去りにされた動物達の現在。
それは、あまりに過酷な現実だった。

16歳で飼い主を待ち続けていた鎖に繋がれたままの犬、子豚を生んだ母豚、家の中で置き去りになってしまった猫…。数えきれないほどの現実が、そこにはあった。
飼い主達の心情はいかばかりか、計り知れない。

でも、笑うことを忘れてしまっては、前へは進めない。
だからせめて…。

IMG_4229.jpg

おまけは天使達の最高に可愛い動画を。
PUPPY vs Catを見て微笑んで下さい。


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

愛しさと切なさと ~桜の花満開の頃に~

4952.jpg

あの日から1年経った。
12年と半年、長いようで短い時間。
飼い主の姿が見えなくなると、ピーピーと鼻を鳴らし寂しがっていたセナ。
そんなセナを象徴するかの如く、あの日、大好きだった人達を自分の目の前に集めた。前夜から貧血がひどくなり、朝には起き上がることもままならなかった。
その日も、抜けるような青空と暖かい日差し。桜は満開だった。
明日はお花見に行こうね。そうセナに語りかけながら、
きっといつものように立ち上がってくれると思っていた。
大好きな庭で、ひなたぼっこをしながらも、辛そうだった。
そして、キラキラ輝く春の海の夕暮れを2度とお散歩することは叶わなかった。


この1年、1万枚はあろうかというセナの写真を整理することが出来ずにいたが、今日の日のためにスライドショーを製作してみた。
こんな時だから、セナのお得意の笑顔を中心に。



この日に合わせるかのように、今年も桜満開の知らせが届いた。

テーマ : ゴールデン・レトリーバーとの生活 - ジャンル : ペット

Dog Bless You

DVC00069a.jpg

こんな話を聞いたことがある。
「神が天地創造を行った後、この地球を歩きそれぞれに名前をつけて歩いた。その神がどこへ行こうとも力の限りその後をついて行く小さな生き物がいた。地、空、海全てのものに名がついたとき、小さな生き物が神にこう言った。『神様、僕にはもう名前が残っていません』すると神(GOD)は優しくこう言ったという。『お前のことは最後まで残しておいたのだ。お前には私の名前を逆さまにして与えよう。そう、お前の名前はドッグ(DOG)だ』:作者不明」

この話を知った時、なぜだか鳥肌が立った。
嬉しかった。
「実は、犬は神が最初に作った生き物」という話は耳にしたことがあったが、名前に関しては初めてその時に知った。
犬達は、どんな時でも飼い主を裏切ることは無い。
いつも、飼い主の言葉だけを信じ、ひたすら待っていてくれる。
信じられないほどにまっすぐで、濁りの無いピュアな瞳で見つめていてくれるのだ。

「この世で犬だけが、自分よりも相手を愛してくれる。:ジョッシュ・ビリング」

IMG7191.jpg

「DOG BLESS YOU」GOD BLESS YOUをもじって考えてみたのだが、既にこの言葉を使っている団体があった。アメリカの民間救助犬団体だ。この団体は、現在福島、宮城でレスキュー活動をしている。活動の様子はこちらで見ることが出来る。
http://www.facebook.com/exploredogs
http://rocketnews24.com/?p=80262

被災地で、飼い主を待つ犬達、飼い犬を探す飼い主達。
一匹でも多くの犬達、一人でも多くの飼い主達の再会を願ってやまない。
犬の笑顔は最高の精神安定剤なのだから。

IMG_7977.jpg

被災地での一コマがここで見られる。
http://www.thedogfiles.com/2011/03/19/stunning-dog-photography-32-dogs-of-japan/


テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。